FLOWER

ブログ

  • NEWS
  • EVENTS
  • DIET
  • WEAR
  • BRIDAL
  • REWARD
  • MIDIA

美のミネラル!「ケイ素」の魅力!!いつまでも美しくいたいあなたに知っておいてほしい~Part1

2016.08.09OTHER

こんにちは!
ビューティライントレーナーの髙森 麻利子です。

早速ですが、
みなさんは「ケイ素」をご存じですか?
この頃、雑誌でもよく見かけるようになってきました。
特に、美への意識が高いハリウッドセレブや
モデルなど、美のスペシャリスト達に注目されています。
「ケイ素」でピンとこない方は「シリカ」でハッとされる方も多いかもしれません。
シリカウォーターは「シリカ(ケイ素)」を含んだお水として、健康と美しいカラダをキープできる
とされ、注目されていますよね。
シリカの別名が「ケイ素」です。

IMG_8486

「ケイ素」とは何か、
何がそんなに魅力的なのか早速書いていきたいと思います。

・ケイ素は地球上で酸素の次に多く存在する元素
・私達の体の中(骨・リンパ・筋肉・皮膚など)にも多く存在し、
カラダを構成するもの

・・・元々身体の中に存在しているものなら
わざわざ摂取しようとしなくてもよいのでは?
と感じた方もいらっしゃるかもしれません。
私も始めて聞いたときはそう感じました。
ケイ素は元々私達の身体の中に存在しているのですが、
身体の中で新しく生成されることはないのです。
そして、40代になると幼児期の約半分の量にまで減ってしまっているものなのだそうです。
現代人のほとんどがケイ素不足という事になります。

ケイ素を含む食材が気になってきますね。
ケイ素は土の中に溶け込んでいるため、土の養分を吸って育った
ジャガイモ、にんじん、かぼちゃなどに多く含まれています。
他には玄米、大麦、キビなどの雑穀類、
ヒジキやわかめなどの海藻類にも多く含まれています。

ですが、これらの食材からたくさん摂取しても、
十分に吸収されずに排出されてしまいます。

ケイ素の上手な取り方としてオススメなのが、

身体に吸収されるように加工した「水溶性ケイ素」です。
当サロンでも販売しています。
keiso

普段の飲み物やお料理に入れてみたり、

入浴時に使うなど、いろいろな方法があります。

続いてのブログ(Part2)には、ケイ素不足になると
どうなるかを書いていきたいと思います。

一人一人に合わせた指導で結果が出て、リバウンドしにくいラマリーダイエット体験受付中!

ラマリー:052-322-2319

 

関連する記事

PREV
NEXT