FLOWER

ブログ

  • NEWS
  • EVENTS
  • DIET
  • WEAR
  • BRIDAL
  • REWARD
  • MIDIA

ダイエット中、積極的に摂りたい油・避けたい油とは?

2018.10.03DIET

こんにちは!
ビューティライントレーナーの高森です。
ダイエットをしていると、「油は太るもの」として
避けられる方が多いと思います。
でも、太りたくないからと言って
ひとまとめにそう考えるのは少し早いかもしれません。油にも種類がたくさんあり、
その中でも積極的に摂りたいものがあるのをご存知ですか?
脂肪の燃焼を助けてくれるダイエットに適した油もあるのです。

まず、油は大きく二つに分類されます。
*飽和脂肪酸…動物性脂肪(牛脂、バター、ラードなど)と、
*不飽和脂肪酸…魚介類・植物油に多い

さらに不飽和脂肪酸は
オメガ3系、オメガ6系、オメガ9系に
分類されます。
亜麻仁油、えごま油などの
αリノレン酸が多いオメガ3系脂肪酸の代表であり、
血液中の中性脂肪の増加を抑え、
血圧を下げる効果もあり、生活習慣病の予防や
ダイエットには良い油です。
炎症を抑える効果や、冷えやむくみの解消も期待できます。
ただ、熱には弱いため加熱には適しません。
冷蔵庫保存で、ドレッシングなどの生食用として使うと良いです。
くるみなどの一部のナッツ類にも含まれています。

オメガ6系は、大豆油、コーン油、サラダ油、
ごま油などのリノール酸で、お料理によく使われています。
ただし、摂り過ぎは注意です!!
炎症を促進したり、
成人病の原因にもなりうることがあります。

オメガ9系は*オレイン酸*の多い
オリーブ油、菜種油などで、
オリーブ油の中でも、
特にエクストラヴァージンオイルは、
抗酸化作用の強いポリフェノールなどが
豊富に含まれ、熱にも強く、炒め物などにも
向いていておススメです。
*オレイン酸は、悪玉コレステロールを減らし、
善玉コレステロールを増加させてくれる働きがあります*

これらの他にも、トランス脂肪酸があります。
これはオメガ6系のコーン油や
大豆油を作るときにできる副産物で
自然界では存在しないもので、
これは極力減らしたい油です。

これらの油の種類や特性…
積極的に摂りたい油
摂り過ぎには注意が必要な油
極力避けたい油,
理解したうえでバランスよく
摂っていくことが大事ということですね!

ダイエットしているからと言って
油を抜きすぎることは、
お肌の乾燥や、便秘を引き起こすなど
体や美容面においては悪影響でもあることを
是非知っておいて欲しいです。
↓↓
当店で取り扱いしている亜麻仁油!

「エステプロラボ」のフラックスシードオイル(亜麻仁)★
このオイルは、オーガニックで
オメガ3系脂肪酸である
αリノレン酸が多く含まれています。
【飲む美容液】として注目される、
トランス脂肪酸ゼロの植物オイル。
とっても美味しくて、おススメです!!

 

 

関連する記事

PREV
NEXT

CATEGORY

DAY

RECENT POSTS

KEYWORD