FLOWER

ブログ

  • NEWS
  • EVENTS
  • DIET
  • WEAR
  • BRIDAL
  • REWARD
  • MIDIA

産後の身体のために今すぐできること【産褥期編】Part3

2018.09.26DIET

ビューティライントレーナーの髙森です。

産後の身体のために今すぐできること【産褥期編】
Part1・2では、それぞれ
‶寝たままできるエクササイズ”、‶座り方・姿勢”を
ご紹介しました。
Part3では、
座ってできるエクササイズのご紹介をします!
まずはPart2でご紹介した、正しい姿勢で座ります。

両手をつなぎ、手のひらを天井へ向け伸びをする。

右手をお尻の外側につき、
左手は天井へ伸ばし

わき腹を伸ばすように体を右へ倒す。
反対も同様に行う。
肩に手を置いて肩を回す。(肩甲骨を動かして血流を良くすると母乳も良く出ます)

首を回す(呼吸をしながらゆっくりゆっくり首を回す)腹式呼吸をしながら骨盤底筋を締める。
・普通の腹式呼吸をし、息を吐くときに
膣とお尻の穴に力を入れる
10秒キープ×~10回
(骨盤底筋はおしっこを我慢するときに使う筋肉です)
POINT*肩やお腹に力がはいらないようにする

骨盤底筋は骨盤を支える筋肉で、
骨盤の中には子宮、腸などの臓器もあります。
出産を経験した女性は骨盤底筋が
緩んでいる方がほとんどです。
そのままにしておくのは、危険!
何十年と先、年を重ねた時に子宮脱や脱腸などの問題が
起こる人も少なくありません。

産後の身体のケアは、
「ご自身の数年先の為にするもの」
と考えて貰えるといいと思います。

筋肉はつながっています。
骨盤底筋があれば、
それとつながって支えている骨や筋肉が当然あります。
それらを鍛えることは、
その後の子育てのための体力をつけることに
つながりますし、(これが1番の目的ですね)
健康的な美しさをキープするのにも効果的です。

産後ひと月、
もしくはご自身と赤ちゃんが落ち着くときまでは、
ご紹介しましたPart1からPart3までの
産褥期に行う簡単なエクササイズを
ご自分の身体の声を聴きながら、
自分のペースで無理なくされることをおススメします。

身体の調子も良く、
もう少し動きたいなと思うようになってきたら、
育児の合間に、息抜きとしてでもいいです。
子連れでもエクササイズできるラマリーへ
いらしてみてくださいね!

ラマリーダイエット体験:052-322-2319

 

 

 

関連する記事

PREV
NEXT

CATEGORY

DAY

RECENT POSTS

KEYWORD